モノづくり企業のためのDX推進カンファレンス

日本経済を牽引する『製造業』

国際競争力の低下、感染症や自然災害の影響、半導体などの部素材の不足、カーボンニュートラルの浸透など
日本の製造業を取り巻く環境が大きく変化しています。

それに伴い、デジタルシフト、DX、データ活用など新たな取り組みの必要性が叫ばれています。

モノづくり企業のためのDX推進カンファレンスでは、
今、まさに取り組むべきDX推進に関するセッションが視聴できます。
Day1
生産管理DX Day
生産管理の領域でのDXは、製造業の未来を切り拓く重要な鍵となります。DXを活用した生産管理がいかにして製造業の競争力を強化し、企業が直面する課題を解決するための効果的な手段となるのかを掘り下げます。
Day2
生産技術DX Day
生産技術分野におけるDXの進展は、製造業の未来を形作る核心技術となっています。スマートファクトリーを中心とした生産技術DXの最前線を探り、生産性の向上、属人化脱却、コスト削減などの課題解決にどう貢献するかを深堀りします。
Day3
設計DX Day
設計プロセスの革新を目指す企業にとって、DXの適用は、製品開発の質と速度を飛躍的に向上させるための手段です。設計におけるDXの実現方法と、その圧倒的なメリットに焦点を当てます。
Day4
BCP対策 Day
BCPとDXを融合させた先進的な課題解決方法を深掘りし、災害対策、危機管理、通信インフラの整備など、実践的な内容を幅広くご紹介します。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

特別講演

余白(20px)
Day1 生産管理DX Day

小野塚 征志 氏

株式会社ローランド・ベルガー パートナー
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了後、富士総合研究所、みずほ情報総研を経て現職。サプライチェーン/ロジスティクス分野を中心に、長期ビジョンや経営計画の策定、DX戦略やアライアンスの推進、新規事業の開発、事業・組織の再構築、リスクマネジメントの強化をはじめとする多様なコンサルティングサービスを展開。内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) スマート物流サービス 評価委員会」委員長、経済産業省「フィジカルインターネット実現会議」委員、国土交通省「2020年代の総合物流施策大綱に関する検討会」構成員、日本プロジェクト産業協議会「国土創生プロジェクト委員会」委員、運輸総合研究所「デジタル技術の活用等による持続可能な物流システムの構築に関する研究 調査委員会」委員、日本オムニチャネル協会 フェロー、Rapyuta Robotics 戦略アドバイザーなどを歴任。近著に、『サプライウェブ』(日経BP)、『ロジスティクス4.0』(日本経済新聞出版社)、『DXビジネスモデル』(インプレス)など。
Day2 生産技術DX Day

梅田 靖 氏

東京大学 教授
東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター価値創成部門 教授1992年東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻博士課程修了。博士(工学)。東京大学、東京都立大学、大阪大学を経て、2014年1月より東京大学教授、2019年4月より現職。その他、グリーン購入ネットワーク会長、エコマーク運営委員長、精密工学会ライフサイクルエンジニアリング専門委員会委員長役所関係では、経産省産業構造審議会資源循環小委員会委員長、CE産官学パートナーシップ「サーキューラーパートナーズ」ガバニングボード委員、成長志向型の資源自律経済デザイン研究会委員。その他、家電リサイクル法、グリーン購入法、環境配慮契約法、プラスチック資源循環促進法の設計指針などに関与ISO TC323 (サーキュラー・エコノミー) CAG (Chair’s Advisory Group)メンバーCIRP(国際生産工学アカデミー) フェロー、日本機械学会フェロー、日本機械学会業績賞、設計工学・システム部門功績賞、生産システム部門功績賞、1998年度精密工学会賞など専門分野:設計学、次世代生産システム、エコデザイン、製品ライフサイクル設計、メンテナンス工学主な著書:サーキュラーエコノミー〜循環経済がビジネスを変える(勁草書房)。
Day3 設計DX Day

福本 勲 氏

アルファコンパス 代表
1990年、早稲田大学大学院修士課程(機械工学)修了。
同年に、東芝に入社し、製造業向けSCM、ERP、CRMなどのソリューション事業立ち上げやマーケティングに携わる。その後、インダストリアルIoT、デジタル事業の企画・マーケティング・エバンジェリスト活動などを担うとともに、オウンドメディア「DiGiTAL CONVENTiON」の編集長を務める。
2020年にアルファコンパスを設立し、企業のデジタル化やマーケティング、プロモーショ
ン支援などを行っている。
また、企業のデジタル化(DX)の支援と推進を行う株式会社コアコンセプト・テクノロジーなどのアドバイザーも務めている。
主な著書に『デジタル・プラットフォーム解体新書』(共著、近代科学社)、『デジタルファースト・ソサエティ』(共著、日刊工業新聞社)、「製造業DX - EU/ドイツに学ぶ最新デジタル戦略」(近代科学社Digital)がある。主なWebコラム連載に、ビジネス+IT/SeizoTrend(SBクリエイティブ株式会社)の「第4次産業革命のビジネス実務論」がある。その他Webコラムなどの執筆や講演など多数。
Day4 BCP対策 Day

藤原 玲子 氏

ザイオネックス株式会社 代表取締役
上智大学を卒業後、外資系の大手コンピューターメーカーを経て、その後約15年間、製造業向けの情報システムおよび生産管理システムの開発とコンサルティングに携わる。2004年からは、大手外資系コンサルティングファームで、製造メーカーを中心にIT戦略・企画、業務プロセスの改善、業務設計、実行支援のコンサルティングに従事する。2013年8月にザイオネックス日本法人の代表取締役に就任。日本事業の立ち上げと同時に、設計開発プロジェクト管理ソフトウェア Dynamic Task Managerの企画・事業推進をはじめ、サプライチェーン・マネジメントの事業推進に従事する。
Day4 BCP対策 Day

福岡 良子 氏

株式会社ウェザーマップ 気象予報士・防災士
同志社大学在学中に気象予報士の資格を取得し、その後、気象キャスターとして活躍。
NHKニュース7をはじめ、TBSテレビや地方局など多数のメディアに出演。
気象予報士の経験と知見を活かし、防災や環境問題に関する講演会にも多数登壇。
気象キャスターを目指す方向けの講座を開講し、講師も務める。
気象予報士の他に防災士、全国通訳案内士(英語)の資格を保有。
2021年2月に第一子を出産。
天気を通じて日本各所の素晴らしさや自然の尊さを子供にもわかりやすい表現で発信することを心がけている。
とにかくアクティブな性格で、趣味は初体験に挑戦すること。これまでフルマラソンを5回完走。オーストラリアのゴールドコーストマラソンにてランタイム3:54:16を記録し、念願のサブ4を達成。

出展企業一覧

Day1:生産管理DX Day

Day2:生産技術DX Day

Day3:設計DX Day

Day4:BCP対策 Day

当日参加者へAamazonギフトカードプレゼントキャンペーン!

当日セッションを視聴いただき、セッション後のアンケートに回答いただいた方の中から
抽選でAmazonギフトカード5,000円分をプレゼント!
注意事項
登録内容に不備があった場合、キャンペーンの対象外になる場合があります。
1人1アカウントのみ対象となります。複数のアカウント取得が判明した場合、対象外になる場合があります。
当選された方には、イベント開催翌々月までにお送りさせていただきます。
本キャンペーンは株式会社Innovation & Co. による提供です。本キャンペーンについてのお問合せはAmazonではお受けしておりません。 株式会社Innovation & Co. Match UP事務局までお願いいたします。
Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴはAmazon.com,inc. またはその関連会社の商標です。

スポンサー一覧

開催概要

タイトル
ものづくり企業のためのDX推進カンファレンス
開催日時
2024/5/21(火)~2024/5/24(金)
会場
オンライン
参加費用
無料
主催者
株式会社Innovation & Co.
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

本イベントは終了しました

  
このブロックは非表示設定になっています公開ページで表示したい場合は「ブロックの設定」から変更してください